わが家を好きになる。

「木の床は自分で敷けるよ」という話をすると、「やりたい」という人は結構いる。

まずうちを見てもらい、木の床を裸足で歩いたり、ゴロンと寝てもらったり。 そのあと、日を改めて、ご自宅を見せてもらう。

人の暮らしを垣間見るのは面白い。 その人なりのこだわりを見つけては感嘆し、こうしたらよくなりそう、というアイデアで、床の話を超えて盛り上がる。


先日会った賃貸暮らしの方は、モノの少なさが素晴らしく、端々に所有するモノへのこだわりがあった。 IHコンロは使わずその上にカセットコンロを乗せて使い、テーブルはなんと「鳩サブレー」の缶!(最高!)

あーだこーだするうちに、寝るのはロフトの方がいいよ、と話し、その場でマットレスをロフトに移動。 ・・・あ、やっぱり、ここだ!(嬉)

ロフトから下を眺め、「下に百年杉敷いたらすごいことになるね~、ヨガ教室が出来そう。」と妄想。

後日、その人から「ロフトで寝たら安眠できるようになった!」と喜びの報告が来た。嬉しい。

その人が結局木を敷くかはまだ分からないけど、こういう過程が楽しい。


私がお手伝いすることは、 床に無垢材を一緒に敷く(お勧めは「百年杉」)

→健康で癒される空間に変わる。

→日本の森を守ることにもつながる。


でも、それ以上に共有できて嬉しいのは・・・ 工夫して住みよくなること。

わが家を好きになること。

床敷きブラザーズ

床が変われば人生変わる! 国産の無垢材を床に敷くだけで、「木の家」になります。 釘を使わないから賃貸でも大丈夫。 床敷きブラザーズがあなたの「床敷き」をサポートします。