【相談~床敷きの流れ】

①まずは無料で相談、下見。

まずはお話ししましょう。できればご自宅を見せてもらって、どのくらいの広さを敷くか、敷いたらどんな感じになるか、イメージを共有しましょう。わが家の見学も歓迎です。木の空間を感じていただけます。

②無垢材をネットで買う。

敷くことを決めたら、材はご自身で直接製材所に注文していただきます。本当にカラダが喜ぶ、お勧めの国産無垢材をお伝えします。

③私たちと一緒に楽しく敷く。

幸せな、楽しい作業です。お部屋が劇的に変わっていきます。DIYが初めてでも大丈夫。一緒に楽しく敷きましょう。

④自分でできるようになる。

一度自分で敷いてしまえば、自信がつきます。今後敷き増すのも、引っ越すときの移設も、自分でできるようになります。



【価格】

作業のサポートは1日20,000円です。(税込・交通費込み)

*川崎市多摩区の地域通貨「たま」が5,000円まで使えます。


相談と事前の現場確認は無料です。まずはご相談を!

*JR・小田急登戸駅からの交通費のみいただきます。




【床敷きはこんな感じです】

●お部屋の広さや形あるいは日程により、「床敷きブラザーズ」1人か2人で伺います。

●敷く楽しさを体験するのも目的のひとつです。「一緒に楽しく敷く」をポリシーに、1日で余裕をもって敷ける範囲で対応します。

●広さや条件により「ブラザーズと一緒に2人で敷く」「お友達にも協力してもらう」等を事前に打合せます。1日で2~3人で敷ける広さは約10畳までです。やり方がわかればあとで自分だけで敷き広げられるので、「廊下は後回しにしてお部屋だけ敷く」等、プランを一緒に考えましょう。

●「マイのこぎり」「マイ金づち」をご用意ください。


1.いっしょに楽しく敷きましょう!

自分の手で、少しづつ、素敵な空間が広がるのを味わってください。自分で敷けばいっそう愛着が増します。また、今後敷き増したり、引っ越しで移設するのも、自分でできるようになります。


2.自分で敷けない人にも対応します。

誰もが、ホンモノの無垢材の床=‶カラダが喜ぶ住まい”を手に入れてほしい、と思うので、「作業おまかせ」にも対応します。木は生き物であること、木の床に暮らすことは「おおらかに住む」ことだとご理解ください。


3.お友だちの参加を歓迎!床敷きワークショップします。

お友達を誘ってワイワイ敷くのは大歓迎です。参加すれば床敷きのノウハウを学べてしまえます。目安として10畳一間で3人以上、2部屋なら4人以上で敷くと、作業を楽しむ余裕が生まれます。



【お勧めする無垢材】

私たちは自ら体感して、これなら間違いない、と言える材だけをお勧めします。


そのひとつ、精油分たっぷりの加藤木材の尾鷲産「百年杉」は、DIY用に製材されたものが2畳で約4万円~です。ネットで購入できます。

・加藤木材の尾鷲産「百年杉」https://woody-katoh.com/

・丸平木材の南三陸杉 http://maruheitimber.com/


敷くのは他の材でも構いませんが、国産の無垢材に限らせていただきます。ぜひ、自分の身体が喜ぶ材、お部屋の空気が変わるのが実感できる材を選んでほしい、と思います。



「床敷きブラザーズ」代表 大野高広

お問い合わせ・ご連絡はこちらから