リノベか、床敷きか、「あなたの物語」はどっち?

おつきあいのある、建築家の志田茂さんのブログで、

「床敷きブラザーズ」をご紹介いただきました。

ありがとうございます!!


志田さんは、

余計な作為のない、シンプルな住まいを設計されています。

床に使うのは無垢の木で、その多くが杉です。

住まいのこと、木のこと、杉の床のことをたくさん発信されていて、

その文章力も含めて、読むと気づきが多いです。


もし住まいのことで何かモヤモヤを感じていたら、

志田さんのサイトをじっくり読んでみるのがお勧めです。

建てるつもりがなくても、面白いです。

https://s-coco.net/


志田さんも、

床を木にすれば「木の家」になる、とおっしゃっていますが、

私はそのハードルを下げるべく、

「床敷きブラザーズ」をつくりました。


私が床敷きをしたきっかけは、

分譲マンションに住んで8年目くらいにモヤモヤしてたとき、

SWALLWOODTOKYOの「敷くだけフローリング」に出合ったからです。

これだ!と直感して、

無垢のヒノキと杉を3年がかりで床に敷きつめました。



そりゃ、もう、空間が劇的に変わりました!

「いのち」が宿った、と感じました。

このまま、愛着をもって、住みこなす自信がつきました。


でも、その後、もっとおおらかで自由な空間にあこがれて、

志田さんのお友達の建築家と家を建てたのです。

(なぜ志田さんでないかは、相性とか、ご縁とか、です)

それはまた、さらに、大きな決断でした。


↓この状態で引越して、3カ月かけて自分で内装しました。

 息子も手伝いました!


でも、前のマンションに敷いた80㎡分のヒノキと杉が、

無駄になったなんてまったく思っていません。


すべて再利用しましたし、

マンションの床に無垢の木を敷いた体験が、

建てた家と、今の暮らしと人生とに、大きくつながっています。


↓マンションの床だったヒノキは、

 コミュニティカフェのキッチンの仕切りにもなりました♪


↓DIYでビリヤード台をつくって息子と遊んだり、

 自宅でワークショップを催したり。


「大金を使う前に、まずは自分の手を動かしてみよう。」

それがマンション時代に私が出した答えでした。


私の人生を変えた「敷くだけフローリング」はなくなりましたが、

生みの親の安田知代さんは、今は「床敷きブラザーズ」の頼もしい仲間です♪

(社長と2人の客→ブラザーズに!)


人には、段階というものが、あるのだと思います。


「最短で」解決することが、

必ずしも「本当の解決」とはかぎらないのかも知れません。


住まいのモヤモヤを整理したい、

新築やリノベーションをしたいという人は、

志田さんサイトをみたり、

志田さんの相談会に参加してみるといいと思います。


今のモヤモヤが、

床に木を敷けば解消することなのか、

空間のつくりを変えないと解消しないことなのか、

教えてくれるはずです。


ただ、その奥の「本当の」課題、

自分の人生の物語において、何が正解なのか・・・


その解は自分にしか出せません。

ただ、志田さんなら、「そこ」にも寄り添ってくれると思います。


私も、できるだけそうありたいです。


そして、まずは床に木を敷こう、

…と思ったら、 ぜひ、お声がけください!!


床敷きブラザーズ

床が変われば人生変わる! 国産の無垢材を床に敷くだけで、「木の家」になります。 釘を使わないから賃貸でも大丈夫。 床敷きブラザーズがあなたの「床敷き」をサポートします。