残念!

下見のお約束をした人から「床敷きをやっぱりやめます」との連絡がありました。

8畳のビニール床に杉を敷く計画でしたが、結局畳を敷くことになったそうです。

その方自身は大変乗り気だったんですが、高齢のご両親が反対され、断念しました。


「小さな段差も気になる」

「最後は畳の上で死にたい」

…と言われたらしく...


段差については、ご高齢の方が気にされるのはよくわかります。

「畳の上で…」については何も言えませんが^^;


ただ、下見して、段差を解消する方法を見つけたかったなあ…

…が正直な気持ちです。

私も残念でしたが、その方のほうがもっと残念そうでした。


ただ一方で、これでよかったのかも、と思ったりもしました。

私に相談された方は、この床敷きサポートと私のことをよく理解されていて、

敷く側の私としても、全く心配ありませんでした。


でも、その方のご両親は、わかりません。

板と板の間に多少隙間はできるし、大工さんのようには凸凹を綺麗にピチッと埋められないし、

それを許容してくれるのか…

住む分にはまったく申し分ないし、健康、官能、コスト面など、余りある恩恵があるけれど、

その価値を理解していただけそうなのか…


高齢者の場合、ご本人のDIYのお助けではなく、

こちらで敷いてあげる対応もしないと、とは思います。

大金をかけずに「木の家にしたい」願いを叶えられるのですから、できるかぎり叶えたい。


でも、すまいに、ある程度「おおらかさ」を持てる人でないと、難しいと思っています。


私は、家を愛してますが、家に遠慮はしません。

美しい空間が好きですが、神経質に暮らしたくはありません。

自由に、楽しく暮らしたい。


あなたは、どうですか?

木の床に暮らすということは、おおらかに暮らすことです。


木の床を実際に見てみたいという方は、わが家の床をご覧いただけます。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

床敷きブラザーズ

床が変われば人生変わる! 国産の無垢材を床に敷くだけで、「木の家」になります。 釘を使わないから賃貸でも大丈夫。 床敷きブラザーズがあなたの「床敷き」をサポートします。