無垢の床の素晴らしさと、面倒なところ

無垢の床にして、私がよかったと感じたことを挙げてみます。


・見た目が優しくほっとする。

・無垢の木のパワーで空気が変わる。

・足触りが気持ちよく暖かい 。

・ホコリがつかない 。(合板は静電気でホコリを吸い寄せてるんです。)

・反射光が優しい。(日当たりが悪くても、照明でいい感じになる。)

・マット類、スリッパ、靴下がいらなくなる。

・木の香り(ふだんは慣れてるけど、旅行から帰ると気づくんです)

・とにかくゴロゴロ!ほおずりしたくなる!


最大の恩恵は、木の、生命のパワーに包まれる幸福です。

ひとつひとつ、ちゃんとていねいに伝えたいですが、それはまたあらためて。


逆に、一般的にデメリットと言われていることは、こんな感じでしょうか。


・傷つきやすい 

特に杉はやわらかいから、凹むし傷つきます。でも、私はまったく気にしてません。ほっといても傷がなじんで目立たなくなります。傷はアイロンで復元もできますが、特に何もしてません。


・シミになりやすい 

ワインやコーヒーをこぼしたら、すぐに拭きます。削れば消せるけど結局ほっといてます。


・色あせる 

無垢材が飴色に変わるのは「味」だけど、ツルピカ合板の劣化は耐えられません!


・冬は収縮してすき間ができる 

数ミリのすき間なので気にしませんが、気になったときはコンコンと押してあげます。すき間にゴミがたまったら、ほうきで掃き出します。


・床暖房で反る

床暖房をやめてエアコンにしました。足が冷たくないので全然大丈夫でした。今から思えば、合板が冷たすぎるから床暖房を欲しがったんですね。


木の床は、ツルピカじゃなきゃダメ!傷や汚れに耐えられない!という人には向きません。

おおらかな暮らしを好む人に向いています。

・・・というか、無垢の木の心地よさが、暮らす人をおおらかにさせてくれます。


床敷きブラザーズ

床が変われば人生変わる! 国産の無垢材を床に敷くだけで、「木の家」になります。 釘を使わないから賃貸でも大丈夫。 床敷きブラザーズがあなたの「床敷き」をサポートします。